夏バテの一番の元凶とは? 夏バテ対策の決め手

今年の夏はあまり暑くならないのかと思っていましたが、最近の日中はむしむしと湿度の高い日が続くようになりました。体とか皮膚とかがなんとなくベタベタして気持ち悪いなと思うこともしばしばです。

猛暑日や熱帯夜が続くだろうと予想されるこれからの時期には夏バテしてしまう可能性があります。
夏バテ対策の決め手はその日の疲れはその日にとることだそうです。

夏バテってなに

夏バテは暑さで体がまいりヘトヘトになることです。病気というわけではないのに頭痛やめまい、下痢などを引き起こすこともあります。全身がだるくなったりやる気が起きない、疲れがとれないなど体調不良にも結びつくこともあり、油断できない症状です。
バテるという言葉は疲れ果てるの「果てる」からきています。夏の暑さに疲れ果ててしまうというのが夏バテなんですね。

夏バテを言いかえれば、暑気あたり、暑さ負け、夏負けなどとなります。どの言葉も一般的に使われますが、どれも夏バテです。

夏バテの元凶

南の国に旅行に行った時に思いましたが、暑いのは暑いですがカラッとしています。
日本のように湿度が高いと夏の暑さよりも湿気の気持ち悪さをより感じて体調不良を起こしやすいようです。

湿度が高いと体温調節につながる自律神経に負担がかかります。
暑いからといってクーラーに頼りすぎると夏バテがひどくなる傾向にあります。
また、冷たい飲み物や食べ物をとりすぎることも栄養バランスを乱し、胃や腸の働きが低下させることになります。
夏バテの原因はいろいろありますが、一番の元凶となっているのが睡眠不足です。

睡眠不足は体力回復を遅らせ夏バテになりやすいと言われています。
熱帯夜といわれる25度を超える夜は睡眠障害が増えます。30度になると80%の人が寝苦しさを感じるようです。

人間の体は働く、休むを繰り返して体力を回復します。この休むが睡眠です。しっかり睡眠をとることが夏バテ対策につながります。

寝苦しい夏に快眠する方法

蒸し暑いとなかなか寝付かれません。寝ても何度も夜中に目が覚めてしまいます。
しっかり寝ているのに朝起きるとなんだか体がだるいと感じるなら十分な睡眠がとれていない場合があります。

昼寝をする
昼寝は夜の睡眠の質を高めます。
昼寝により心身がリフレッシュされて午後の活動量が増え、それにより体が疲れるので夜はぐっすり眠れるということになります。

昼寝は寝過ぎると逆に夜眠れなくなります。
昼過ぎから3時くらいまでの間で、時間は20分程度がベストです。昼寝の前にコーヒーや紅茶を飲むと目覚めがスッキリします。高齢の方は30分でも大丈夫とのことです。

湯船につかる
シャワーよりお風呂のほうが快眠につながります。
湯船につかると体温が上がり、その後徐々に冷めていくので体が睡眠に向かっていきます。
寝る1時間前が一番いい時間です。ややぬるめのお湯にゆっくり使って体を温めるのがいい睡眠を誘います。
ややぬるめは温度にすると38度くらいです。

寝る前に食べない
寝る前に食べると食べたものを消化しようとして体が活動するのでなかなか寝付けないだけでなく、消化しきれないうちに眠ってしまうと体に負担がかかるのでぐっすり眠ることができません。

食べ物を消化するのには約3時間かかると言われています。
寝る前の3時間は食事をしない習慣をつけると良い睡眠につながります。

それでもどうしても食事が遅くなる場合も、仕事をしていれば十二分に考えられます。
その際は、量は腹6分目程度にして食べるものもなるべく消化の良い食べ物をたべるようにします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする