「その原因Xにあり」で紹介されてたエクオールは、納豆+アボカド

テレビで特集が組まれると、とたんに気になってくる傾向にあります。
今日の「その原因Xにあり」では更年期障害についてやってました。

「エクオール」という物質が鍵を握っているようです。
女性の更年期障害は、ある程度年をとると誰にでもと言えるくらい多くの人に現れるといわれる障害です。

その原因Xにありでは、更年期障害にいいのは「エクオール」という物質だといってました。エクオールは女性ホルモンに似た物質です。そのエクオールを作るのに大変良い食品として紹介されていたのがアボガド納豆です。

アボガド納豆の作り方
納豆1パックにアボカド半分を混ぜる。
たったそれだけです。あとは納豆についているおだしを入れます。

アボカド納豆を食べると女性ホルモンに似たエクオールという物質が作られるので、美肌になってガンリスクが低下してくるそうです。食べる時間帯は、夜に食べるのが効果的といってました。

更年期障害に良いと言われているのが「大豆イソフラボン」です。女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることでよく知られています。

私も大豆イソフラボンがよいということは知っていましたから、女性ホルモンに似た働きをするし、摂取していれば安心だと思っていました。ですが、ちょっと違っていたようです。

大豆イソフラボンの効果を得るためには、腸の中でエクオールに変化させなければいけないと知りました。
納豆だけ食べていても効果が得られるかどうかは疑問になってきたということです。

エクオールを作れるのは、日本人では2人に1人

エクオールは、誰でも作れるものではないようです。
エクオールを作れるのは、日本人では2人に1人で、半数は作れないとされています。
エクオールをつくれなければ納豆を食べても思うような効果は得られません。

⇒ エクオール検査キット

エクオールが体内でつくられるかどうかの検査をするキットがあります。
尿検査をするキットです。

この検査でエクオールが作られるとわかったら、腸内環境を整える大豆製品を食べると効果があるので積極的に大豆製品をとればいいということですし、エクオールがつくられないなら、その原因Xにありに紹介されてたようなエクオールを作る食品アボガド納豆等を積極的に摂取する、あるいはサプリメント等に頼るという選択肢となってきます。

エクオールが作れない人が納豆を1日1パック食べることを継続した結果エクオールが作れるようになったという例もあるので、腸内環境は変えることができます。

更年期障害だけではなく、若返る方法の一つとしてのエクオール。
食生活に上手に大豆製品を取り入れて、いつまでも若々しくいたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする