花粉症 2017年花粉飛散予測と花粉症対策

今年の花粉は、去年より量が多い!
その発表に、私のまわりの花粉症の友人知人は花粉症対策の準備を始めています。

花粉症はアレルギーの一種ですから、遺伝によりアレルギー体質のある方は花粉症の発症リスクが大きくなります。

花粉症は誰にでも突然やってくるといわれています。
去年まではなんともなかったのに、今年は目がかゆい、鼻水がでるなどの症状が出たという人も多いです。

その原因は、体内でアレルゲンの許容範囲を超えてしまったことにあります。
アレルゲンは子供の頃から吸っているので体内に蓄積されています。許容範囲を超えるまでは発症もしませんが、許容範囲を超えてしまうと花粉症になってしまいます。

この許容範囲、個人差があります。ということは人によって違ってくるということです。
ですから、いつどんな人が花粉症になるかということは、まったくもってよめないということになります。

花粉飛散予測2017年

まず来るのがスギ花粉、そしてそれを追うようにヒノキ花粉が来ます。
それぞれのピーク時期は例年並みと言われてます。

スギ花粉のピーク時期
福岡は2月下旬から3月上旬
高松・広島・大阪・名古屋・東京は3月上旬から中旬
金沢と仙台は3月中旬から下旬
それぞれこの時期にピークを迎えるようです。

ヒノキ花粉のピーク時期
スギ花粉のピークが終わった後、各地でヒノキ花粉がピークを迎えるそうです。
ただ、金沢と仙台は4月にヒノキ花粉が飛散しますが量が少なくピークはない見込みのようです。

花粉症対策とマスク

私のまわりの花粉症の人は、たいてい病院にいってます。
早めに薬をもらう人、治療を始める人、いろいろです。
薬を飲むと眠くなったり、喉が渇いたりするのもよく聞きます。

べにふうき茶を飲んだり、ヨーグルトを食べたり、乳酸菌を摂取したりもしています。

薬や治療、食品の摂取は人それぞれ違いますが、共通して使用しているものがあります。
それがマスクです。

どんなマスクが売れているのか調べてみました。

⇒ 「花粉症マスク」ランキング

大手通販サイトの楽天市場でも売れてるマスクは、立体型のようです。
最近コマーシャルでもよく見る、やわらかいタイプやシルキータッチのものも人気があります。
一昔前は、マスクは白と決まっていましたが、今のマスクは白以外の色も出ています。
ピンクやブルーなどの他に、柄物やかわいいプリントものもあって、マスクの概念も変わってきているようです。

花粉症対策の一番手軽で身近な物はマスクです。
付けた時に違和感の少ない、自分にあったマスクが みつかると良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする