確定申告をすると税金が戻ってくるケース

確定申告をしなければならない人がいます。
確定申告をしなくてもいい人もいます。
それともう一つ、確定申告をすれば税金が戻ってくる人がいます。

あなたは確定申告をしたら税金がもどってきますよ。
そう言ってくれる人はいません。
そして、どこからか通知が来るなんてこともありません。

そうなんです。
税金が戻ってくる、すなわち税金の還付が受けられることを知らなければ、本来戻ってくるはずの収めた年金が戻ってこないということが現実に起こります。

税務署のホームページにも書いてありますが、税金は戻ることがあります。

確定申告をする必要がある人

1 会社がやってくれる年末調整以外の申告がある

給与の収入金額が2,000万円を超える
給与以外に合計額が20万円を超える所得がある
給与を2か所以上から受けていて、合計額が20万円を超える
同族会社の役員やその親族などで、給与のほかに、貸付金の利子、賃貸料、使用料などの支払を受けた
給与について、災害減免法により源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた
在日の外国公館に勤務する方や家事使用人の方などで、給与の支払を受ける際に所得税を源泉徴収されない

2 公的年金等に係る雑所得のみの人
公的年金等に係る雑所得の金額から所得控除を差し引くと、残額がある

3 退職所得がある人
外国企業から受け取った退職金など、源泉徴収されないものがある

確定申告をすると税金が戻ってくる人

1. 年末調整で控除されない所得控除等がある

雑損控除医療費控除寄附金控除、初年度の住宅借入金等特別控除等などは年末調整で控除することができません。

確定申告をすることにより税金が戻る可能性があります。

2.年の途中で退職し、その後就職しなかったため年末調整を受けなかった

年の中途で退職し、その後収入がないなどの場合は源泉徴収税額を納めすぎていることになります。
確定申告をすることにより戻る可能性があります。

3.収入が少ないのに源泉徴収されていたケース

配当や原稿料収入などは源泉徴収されますが、その他の所得がない場合や少ない場合などは源泉徴収による所得税が
納めすぎていることになります。

確定申告をすることにより戻る可能性があります。

基本的に源泉徴収された金額や予定納税した金額がその人の所得税年税額より多い場合は確定申告をすることにより還付されます。
申告書ソフトなどで仮に確定申告書を作成してみて還付額が出れば確定申告をすれば戻ってきます。
このことは税務署のホームページでもおすすめされています。

確定申告書は仮でも本物でもここでつくれます。

⇒ 税務署確定申告書作成コーナー

払い過ぎている税金を確認するもの自分の責任ですし、戻す手続きをとるもの自分自身です。
だれも教えてくれないことに?という思いもありますが、自分で管理は鉄則です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする