ひな祭り 最近のお雛様事情

3月3日はひな祭り。
桃の節句とも言います。

ひな祭りの起源は諸説ありますが、中国から平安時代に日本にも伝えられたとされています。
現在は、女の子の成長を祈るために行われる行事ですが、元々は男女を問わず自身の穢れを移し、川や海に流すためにに使われていた人形が始まりとなり、形を変えて現在に至っています。

ひな人形は子供に降りかかる厄を身代わりに受けてくれるとされています。
また、桃の木には、邪気を払う力があります。
桃の節句にお雛様を飾りお祝いをするのが現在の雛まつりとなっています。

親王飾り

雛人形は豪華なものだと7段飾りや5段飾りがありますが、
マンション生活も多い昨今のひな人形事情は変わってきてまして、
主流は「親王飾り」です。

親王飾りは、お内裏様とお雛様のペア雛人形です。
お内裏様は向かって左に、お雛様を向かって右に飾ります。しかし、左右の関係は地域によって違いがあります。
逆に飾る地域もあるので、どちらも正しいということになります。

ひな祭りパーティー

最近はお家でパーティーが流行っています。
数年前にはあまりなかったハロウィンパーティーもホームパーティーで楽しむご家庭も増えてきました。

お雛祭りのパーティーは、内輪やお友達を呼んでという形式が多いです。
雛あられや、おとその他、大人気なのがてまり寿司です。

ちらし寿司よりも食べやすく、かわいいので子供にも好まれます。
ラップに具財を置いてすし飯をその上にのせて丸いおにぎりを握るようにして丸めたものです。

昔はひな人形を手作りしたこともあったようです。
7段飾りのお雛様キットが販売されてたというから驚きです。
私の知り合いのお父様も、着物を着せてお顔を書くまで全部ご自身でなさったようです。
大事に育てられたんですね。
その彼女、今では三人のお子さんのお母さんです。

子供さんは3人とも男の子。
それでもひな人形を飾ると言ってました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする