レースシュガーを紅茶やケーキに使うのが流行ってます。

レースシュガーが大人気です。
見た目はレースなのに、食べられちゃうんです。
本場イギリスで大ブームのレースシュガーは、紅茶やコーヒーに浮かべたり、ケーキやクッキーのトッピングに使ったりと、おしゃれでかわいいもの好きの女性に大流行しています。

レースシュガーの正体は、アメリカで開発されたアイシングペーパーです。
ペースト状の砂糖を型に入れて固めまます。

ペースト状にした専用のアイシングを型に入れます。
薄くのばします。
固まったらゆっくり剥がします。

たったこれだけです。
自分で作るので、お店で買って、持って帰る途中に形が崩れたとか、壊れた、割れたなんてことが防げます。

少し前までは日本では入手しにくいかもと言われていましたが、現在は輸入販売店も増えて、楽天市場やアマゾンにも出展されています。

レースのお砂糖が浮いている、紅茶でティータイムなんて、女の子の憧れですね。
こんなティーをだされちゃったら、メロメロしちゃいます。

切り取って好きなように使えるから、用途はいろいろです。
レースの種類はいろいろあるので、作り置きしておいてもいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする