耳鳴りは病気? キーンという音の原因について

耳鳴りは、まわりで音がしていないのに音が聞こえたように感じることです。
聴覚系のどこかで発生するものですが、原因は一つではなく、いくつかの要因が考えられます。

私は医師ではないので、こうと決めつけることはしませんが、
耳鳴りがする原因を知合いの耳鼻咽喉科の先生に聞いたことや、自分で調べてみたことをまとめてみました。

耳鳴りは全てが病気というわけではありませんが、病気の場合もありますから、耳鳴りがするのなら早めの耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。

耳鳴りの分類と耳の構造

耳は、外耳、中耳、内耳に別れています。
どこで耳鳴りがしているかも耳鳴りの原因である疾患の違いがあり、耳鳴りの原因は一つではありません。

%e8%80%b3%e3%81%ae%e6%a7%8b%e9%80%a0

中耳性耳鳴り
起こる疾患:急性中耳炎、慢性中耳炎、滲出性(しんしゅつせい)中耳炎、耳硬化症など。

内耳性耳鳴り(蝸牛性耳鳴り)
起こる疾患:急性音響外傷、慢性音響外傷、突発性難聴、騒音性難聴、老人性難聴、メニエール病、ストレプトマイシン難聴、遺伝性難聴など。

中枢性耳鳴り
起こる疾患:機能性難聴、聴神経腫瘍、頭蓋内の血管・神経疾患、精神疾患、頭部外傷など。

耳鳴りがするときは、専門医の診断をうけるのがいちばん
です。
耳鳴りの原因は先にも書いたように様々です。その原因によって耳鳴りの治し方も耳鳴りの治療方法や薬も変わってくるからです。

たかが耳鳴りとほっておくと、そこから頭痛やめまいを引き起こすことにもなります。
風邪は万病のもとと言われるように、たいして重くないと思われることがおおごとになることもあります。
耳鳴りがするのならば、早めの対応が大切だと思います。

自覚的耳鳴りの病気による原因

耳鳴りには、自覚的耳鳴りと他覚的耳鳴りに分かれます。
他覚的耳鳴りは、体の中の音で実際に発生している音です。他覚的耳鳴りの症状がある人の耳の周辺に聴診器を当てれば、他の人にもその音が聞こえます。
健康な人ならしない心臓の音や呼吸をした時の音がするのが他覚的耳鳴りです。

私たちが感じて、耳鳴りがすると言っているのは自覚的耳鳴りです。
実際には音がしていないのに、キーンという音が聞こえるなどが自覚的耳鳴りです。

内耳で起こる病気

耳硬化症
慢性の耳鳴りを引き起こす原因になります。
「内耳」に音を伝える「耳小骨」の動きが硬くなる病気です。

音響外傷
慢性と急性の耳鳴りが起こることがあります。
大きな音によって神経細胞が痛んでしまうために起こります。
大音量のスピーカーのそばで毎日数時間過ごしていて慢性になってしまったり、
運動会のスタートの時にならすピストルの音で急性におこったりします。

ストレプトマイシン難聴
慢性の耳鳴りの原因です。
結核の治療で使われる薬、ストレプトマイシンの副作用で起こります。

耳鳴りは病気だけが原因とは限りません。
次回はそのことにもふれていきながら、耳鳴りの対策について書いていきたいと思います。
耳鳴りの原因を知り、改善や対策をすることによって快適な日常生活を送って頂きたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする